サービスサイト、コントロールパネル並びに API における TLS 1.0/TLS1.1 の無効化について

2018年05月24日

 平素より Gehirn Web Services をご利用くださいましてありがとうございます。

 Gehirn Web Services ではセキュリティ強化を目的に、サービスサイト、コントロールパネル並びにサービス API にて TLS 1.0 及び TLS 1.1 のサポートを終了いたします。これによりサービスサイト並びにサービス API がサポートする TLS バージョンは TLS 1.2 のみとなります。

 主要ブラウザの最新バージョン(後述)及び現在サポートされている Open SSL(1.0.2 及び 1.1.0)では TLS 1.2 がサポートされているため、意図的に TLS 1.2 を無効化する設定をなさっていない限り、お客様にご対応いただく必要はありません。6 月 20 日以降も従来通りサービスサイトの閲覧及びサービスのご利用が可能です。

 お客様が以下に記載されていないブラウザを用いてサービスサイトの閲覧やコントロールパネルの操作をなさっている場合や、Open SSL 1.0.2 以前の Open SSL または TLS 1.2 をサポートしない TLS ライブラリまたはそれらとリンクするソフトウェアを用いてサービス API をご利用されている場合、またはソフトウェアの設定により意図的に TLS 1.2 を無効化されている場合は TLS 1.0 及び TLS 1.1 のサポート終了に伴いサービスサイトの閲覧及びサービスのご利用ができなくなる可能性がございます。

 6 月 20 日までにお客様にてお客様がご利用になられている環境で TLS 1.2 がご利用になれる事をご確認ください。また、ご利用になれない場合は、お客様ご自身にてソフトウェアのアップデートなど必要な措置を実施していただきますようお願い申し上げます。

 ゲヒルンでは、今後も定期的に最良の暗号スイートやプロトコルを選定し、アップデートを行って参ります。お客様にはお手数をお掛けいたしますが、セキュリティ強化のためご理解及びご協力くださいますようお願い申しあげます。

影響が想定される主要ブラウザ

Internet Explorer 7 以前

TLS 1.2 に対応する主要ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11
  • Google Chrome
  • Apple Safari
  • Android 4.4 以上(メーカのアップデート状況により異なる場合があります)
  • iOS 5 以上

※ Internet Explorer 8〜10 では TLS 1.2 をサポートしますが、初期設定では無効化されています。別途有効化する必要があります。
※ 特に断りがない場合は各ソフトウェアの最新バージョンを指します。