サイトのバックエンドにApacheを使用 

Step1RS2 Plus タブを開く 

GWS Web コンソール を開いて、操作対象のプロジェクトを選択してから、RS2 Plus タブを開きます。

Step2 対象のアカウントのサイトを開く 

契約一覧の画面から対象のアカウントを開いて、サイトタブを選択してください。

Step3「設定」マークをクリック 

設定したいサイトの右にある歯車の「設定」マークをクリックするとモーダルウィンドウが開きます。

Step4 バックエンドの選択 

『現在「Apache」を選択しています。』と表示されている場合にはこの操作は不要です。 次のステップに進んでください。
Apache 以外が選択されている方は、「バックエンドの選択」ボタンをクリックして、 「Apache」を選び、確定するボタンをクリックしてください。

Step5 パスの設定 

Web サイトのルートディレクトリを設定します。サイトが設置されたディレクトリを入力してください。

Step6 エラーログレベルの設定 

エラーログの出力レベルを設定できます。 とくに設定が不要な方は、デフォルトの「error」を選択してください。
デバッグなどが必要な場合や詳細に挙動の記録をとる必要がある場合に変更してください。
より詳しく知りたい方は、 Apache のLogLevel ディレクティブ に関するドキュメントを参照してください。

確定ボタンを押すと、モーダルウィンドウが自動的に閉じます。
以上で設定は完了です。

Gehirn Inc.